本文へ移動

ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

仏の世界へ

2020-01-26
先日、近親者がお亡くなりになり、葬儀告別式に出かけてまいりました、川井です。
最近のお葬式は、仏や死後の世界のうんちくを交えて、僧侶がお話をする機会も多いと聞きます。
 
皆様はご存じでしょうか
人は死ぬと、まずは地獄に行くことを。
 
これは、数年前、長男と一緒に、地獄の話をBSで見ていた時のお話なので、諸説あるかと思いますが。
 
人がお亡くなりになり来世の行き先が決まるまでに、49日という時間がかかります。
生前の罪について、7日間の裁判を7回受けて、49日経た頃、地獄にとどまるか、天国に召されるか決まるそうです。
裁判をしてくれる中には、閻魔大王さまもいるらしいです。
 
初七日法要は、最初の7日間に、冥土の旅の始まりの「山道を歩いている時間」の供養だそうです。
死んでいるのにお腹が空くので、お線香は決して絶やさないように!
道中つらいなぁ
 
まず、最初の裁判で判決が出て、三途の川を渡る。
判決による罪の重さによっては、橋を渡れたり、浅瀬を歩くことになったり、罪が重ければ濁流を泳ぐことになる。
で、この時に、船賃として、6文かかるので棺に6文銭を入れる習慣があるわけです。
川を渡り終わると服をはぎ取られる。
せっかく白装束を着せてもらったのに、なぜ?
もう気分は死者です。気持ちに寄り添っちゃいます!
 
そして、生前の殺生について、生前の性愛について、生前の嘘について、生前の悪行について、そして再度生前の悪行について、そして7つ目の裁判で泰山王が来世の行き先を決めてくれる。
 
かなり目まぐるしい49日間です
これからは、祭壇の前で、安らかに、ではなく、
頑張ってね、って言ってよいかなぁ…
 
で、その来世の行先とやら、6つあるらしいです。
六道輪廻といい、天道=神様が済む世界、人道=人の住む世界、修羅道=戦いだけの世界、畜生道=人間以外の生き物の世界、餓鬼道=飢えと乾きに苦しむ世界、最後は地獄道=怖い世界
 
最後の地獄道の地獄は、8階建てらしい、、、
生き物を殺した人が落ちるのが8階、ここでは鬼たちに金棒で殴られ、刀で切られ殺され、すぐに生き返りまた殺されることを1兆年以上ひたすら繰り返す∞…
一番軽い地獄でこの様子…( ;∀;)
さらに盗みをすれば7階へ、さらに性愛をしていれば6階へ、さらに飲酒をしていれば5階へ、さらにうそをつけば4階へ、さらに仏教を否定すれば3階へ、2階1階はここでは書けない、かなりのろくでなしです。
 
ちなみに川井は、蚊とハエを殺し、お酒をたしなむので、5階の地獄行きは確定、だな
 
仏の世界へ行ける人、私の周りでは皆無です!
 
大人になれば優しい嘘もつくし。
 
え?
じゃあ川井は4階が確定…
 
 
知れば知るほど深いです。
 
みなさん、仏になる前提で物事進めすぎてるような…
 
表現は不適切な気がしますが、興味深いです。

第3次AIブーム中

2020-01-10
昨年12月18日から4日間開催の、2019国際ロボット展に弊社社長藤沼が勉強を兼ねて出かけてまいりました。
 
ブログを書くにあたり、関連性の強いAIについて、少し勉強をしました
川井は全く知りませんでしたが、皆さんはご存じでしょうか、
現在、グローバル視点で見ると、いま、第3次AIブームだそうです!
AI、巷に溢れるこの二文字を、そこそこ勝手に理解しているつもりでおりましたが、いやはや、危ないことろでした。
では、AI、こちらをどうぞ
 
ちなみに、第1次ブームは1960年代(え?そんなに昔?)、「推論と探索」に関するブームで、「ルールとゴールが決められているゲームの中で、コンピューターがなるべくゴールにたどり着けるように選択肢を選んでいく」方法でした。
この、推論と探索により、AIはパズルや迷路を解いたり、数学の定理を証明したり、しいてはチェスを指す、といった知的な活動が行えるようになったそうです。
しかし、これはあくまで適用範囲は「ルールとゴールが厳密に決まっている枠組みの中」での話…
現実世界ではルールやゴールがあいまいであるため、全く役に立たなかったそうです。
 
第2次ブームは1980年代、今回は現実の問題を解くために考え出された「エキスパートシステム」です。
専門家の知識をAIに移植させ、現実の複雑な問題をAIに解かせ、応用範囲を広げていくものでした。
ですが、こちらも終焉に…
あらゆる知識を教え込みつつ、多数のルールを教えている間に矛盾したルールにぶつかると、停止してしまう…
当時のコンピューターは、例外的な事例が出てくると対処できないものでした。
弱いAIとでも言いましょうか
 
そして今のこの、第3次AIブームは、機械学習やディープラーニングに象徴されますかね
ここで必要になってくるのは、ビックデータになるわけで、テキスト解析をすると、いろいろな共起ネットワークとワードクラウドが解析できます。
なんだか、AIとして抱くイメージに、近づいてきましたよね
強いAIに見えてきましたw
コメントやレビュー解析をすると、高評価と低評価分析のネガポジマップができたり。
おー、AI駆使してる感出てますねー
 
強いAIというのは、2次ブームで解決できなかった問題の枠を超え、応用の利くアクションをすることらしいですが、それはなんだかSFのお話のような、AI心を通わせることまで進むのか、そこまで進化してほしくないような
で、この第3次AIブーム、おそらく、大阪万博までには、開発と生産と新たな壁がピークを迎え、一定のやり切った間で、ブーム感は終焉を迎えるのでは…とおっしゃる方もいるみたいで
 
 
どんな形で共生するんだろう…
 
「ロボットがつなぐ人にやさしい社会」
 
お仕事、どこまで奪われちゃうんだろう…
 
 

新年あけましておめでとうございます

2020-01-01
ブログをご覧の皆様
あけましておめでとうございます
本年も、当ホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。
 
去年は大変お世話になりました。
おかげさまで、おととし同様、たくさんの良縁に恵まれ、新規のお問い合わせ、お取引件数が増加し、非常に実りの多い一年となりました。
心より、御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。
 
本年は、去年以上の力を発揮し、皆様へ、より良い商品をご提供できるよう、社内一丸となり精進して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 
ご挨拶が遅れましたが、本年より、広報を担当することになりました、川井と申します。
前任のフジヌマヤスコに代わり、ブル精密の日々の情報を皆様にお届けさせていただきます。
 
フジヌマヤスコ同様、一生懸命当ブログを展開して参りますので、今後もブル精密のブログにお付き合いいただけますと、幸甚であります。
よろしくどうぞ、お願い申し上げます。

日本金属学会での優秀賞!栃木高等学校の生徒さん、おめでとう!

2019-12-25
みなさん、こんにちは。
広報担当のフジヌマヤスコですデコレーションボール
以前もブログで紹介しました、栃木市にある栃木高等学校の生徒さんたちが日本金属学会のポスターセッションにて優秀ポスター賞を頂いたそうです王冠
 
今まで数回、当社にある測定器を使って金属の浸食度合いを確認していました。
当社での生徒さんたちは、毎回楽しそうに過ごしていました口を広げてにっこりした顔
熱中する事、取り組んでいることがある事、目標に向かって進んでいる生徒さん達を見ると頑張ってほしいなと応援したくなります音符
大人になっても、「なんでだろう?」と疑問に思うことがあったら調べてみたり、興味がある事を突きつめてみたりと、何か思う事があったらワンアクション起こしてみる事を心掛けてみたいです点滅している星
昔、先輩に「なんでだろう?」と思った時がチャンスだよと言われた事があったのですが、まさにそうピースする指
 
来年もポジティブに体も心も動かそうと思います2つのハート
 
 
 
※生徒さんたちの、お名前とお写真は、引率の先生と生徒さんご本人たちに了承を得て、今回の写真を掲載しております。
 
 
 

鉄板焼きの忘年会。肉組と海鮮組。

2019-12-11
こんにちは、広報担当のフジヌマヤスコですきらきら
先週末、当社では「忘年会」が行われました。
今年は鉄板焼き2つのハート
前もって、肉のコースか海鮮のコースか決めてもらいそれぞれのテーブルの前で調理してもらいました点滅している星
忘年会で利用させてもらったお店は栃木市の「まるこぽーろ」さん。
鉄板焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキのお店です。
目の前でのフランベきらきら
シェフの笑顔もいいので了解を得て写真を撮らせていただきました2つのハート
コース料理なので、前菜やスープ等もありお腹が幸せいっぱいに満たされました口を広げてにっこりした顔
約2時間、美味しいお酒、又はソフトドリンクで楽しいひと時を過ごしました。
もうすぐ年末ですが、皆さん元気に年を越せるように体調管理に気を付けていきましょうベル
 
今回、利用させていただいた「まるこぽーろ」さんのHPです
↓↓↓
 
 
 

広報担当

 
広報(も)担当の、川井でございます 2020年1月から担当させていただいております
ブル精密のホームページにお越しいただき、みなさまいつもありがとうございます
日々、お礼メールやお手紙をしたためております
ガラスについてはまだまだ浅学ですが、ブル精密の技術をこれからも発信してまいりますので、今後とも、叱咤激励のほど、よろしくお願いいたします
 
新旧広報担当者です
しもぶくれてる方が、今の担当者(メガネかけてませんが川井です)で、
髪色の明るい方が、前の担当者です
前任担当は、このホームページの土台をまっさらから作ってくれた
地味~にすごい人なんです☆
ちなみに彼女、今は、CADCAMと測定の担当です
株式会社ブル精密
〒323-1104
栃木県栃木市藤岡町藤岡5057
TEL.0282-62-4006
FAX.0282-62-2568
TOPへ戻る